English

INTERVIEW
next HERO

next HEROnext HERO 新入社員が入社動機から仕事に対する思い、期待、不安、将来のビジョンを語る。

棟方 梨華子

  • 大正大学 文学部歴史学科 卒
  • 株式会社日商インターライフ
  • 所属:営業推進部営業推進課
「全く知らない内装業界へ。」
学生時代はこの業界とは関係のない学科(歴史学科)で学び、内装とは無縁の生活をしていました。大学3年次に学芸員の資格を取得するに際し、空間・ディスプレイに興味を持ち内装業界を志しました。昔からデザインにも興味はあり、自ら何かをデザインするということは不得意ですがデザインを見ること、触れ合うことは好きですし、空間を作り出すこと・空間に引き込むことを学び、色んな人が共感し、伝え・笑顔にさせたいという感情部分を揺さぶるような仕事をしたいとも考え、他の人とは違う方向から(?)この業界にアプローチしました。就職活動の時期は違う畑だからか苦戦もしましたが、今の会社から内定を頂いたときはとても嬉しかったですし、驚きもしました。これも何かの縁なのかと思い最終的に入社を決めました。
「お客様の想いをカタチに。」
「今は営業部(営業推進部)に所属しています。既存顧客、新規顧客の営業訪問を行ったり、顧客の要望をヒアリングし現場側に伝えるなど、緩衝材のような役割を担っています。中間役だからこそ大変であり、またそこが楽しかったり失敗もたくさんありますが、その経験が今では私の力(エネルギー)になっています。予想と違うと感じたことは営業方法です。他の業界の営業は物や商品などカタチにあるものを売りにしますが、この業界はカタチになる前の物件の営業をしなければなりません。勿論、過去の案件を紹介することは出来ますが、私たちはその場に無いもの(現場対応、社内体制やアフターフォローについて)を顧客に伝えることや信頼関係を作り上げることが何よりの仕事となります。その営業方法は他業界よりも難しく、成功かどうかがわかるのも実際には工事案件受注に至ってからと長期戦です。だからこそ工事案件の受注・工事完工後、オープンを経てお客様の笑顔、喜びの声を頂いたときの達成感は、私にとって大きなモチベーションになっています。
「今後目指すところ」
今までは新人として学ぶこと、サポートしていくことが多かったのですが、来年で5年目となり一通りの業務は経験し主体的に動けるようになりました。今後は先導していく力を身に着け、新規・大型プロジェクトの中心として動けるような人材になれるよう、頑張りたいと思います。

一覧に戻る