English

INTERVIEW
next HERO

next HEROnext HERO 新入社員が入社動機から仕事に対する思い、期待、不安、将来のビジョンを語る。

星野 理乃

  • 多摩美術大学 美術学部 美術学科 油画専攻 卒
  • 株式会社 博展
  • 所属:製作部
「より広い視野をもとめて。」
大学卒業後から造形会社に勤めておりました。主に仕上げ塗装に関わっていたのですが、それぞれの工事全体のビジョンや工程が見え辛い事が多々あり、「なぜ今こんな状況なのだろうか?」「なぜこれが必要になったのだろうか?」という疑問を抱くことが年々増えていました。やってみないことには理解できないこともあるだろうという思いと共に、視野を広く持ちながら施工に関わってみたいとも考えておりました。博展が営業、デザイン、製作が三位一体となっていること、自社部門で木工・システム・サインの制作から現場施工まで行っているということや、また経営理念の「Communication Design」への深い共感を得たことから縁あって入社いたしました
「足を止めて考え、想像力レベルの向上。」
短納期の物件が多く、台風のように施工が進んでいくことが衝撃でした。イベントや展示会に足を運ぶことはありましたが、施工に対するイメージが足りていなかったのだと思います。最近は世間にある様々なものを見るたびに足を止めて考えることが増えているので、想像力のレベルが上がるといいなぁと思っております。什器の製作や、ブースを建てることを通して構造が理解できること、また一人では出来ないことが多いが故に多くの方が手助けをしてくれることは非常に嬉しいです。また職場を変えたことにより前職の特殊さを感じることも面白いです。ただ重いものを持ったり使ったりすることで手や腕が痛くなることが多いので、身体への不安は抱えています。
「前職と現在が繋がる将来。」
今は「仕事として頼まれたことの先」をイメージできている様になることを目指しています。今は多くの方に助けられてばかりなので、一日も早く誰かを助けたり、助け合ったりすることができるようになりたいです。将来、結婚や出産を経験した後も働きたいので、与えられた仕事を経験値として蓄えながら自分自身の働き方を模索していきたいと思います。前職の経験と現在学んでいることが将来どこに繋がっていくか楽しみです。

一覧に戻る